警備員の窃盗

警備員のはしくれとして、非常に残念な事件がありました。

『窃盗:警備員、妻呼び食料盗ませる
 夜間1人で担当、従業員帰宅後に--埼玉・川口』 (毎日jp)


悲しいかな警備は社会的評価が高いとは言えない職業です。
こういったことで更にイメージを落とすような真似はしないで欲しい。
割を食うのは、真面目にやっている警備員なのですから。

ただ、生活苦のために自分たちが食べる目的で盗った、という点には同情もします。
せめて社会的評価が高くて誇りを持てるか、空腹を満たせるだけの収入があったかすれば、この事件は起きなかったのかもしれません。

警備は業務によっては貴重品を扱ったり、売上金等に近い場にいたりする職業です。
制服を着ているだけである程度の信頼は得られてしまうし、セキュリティを悪用すれば簡単に犯罪を行えてしまう。

それが犯罪の誘惑と戦わなくてはいけないのは、業界全体で改めるべき問題です。
警備員自身の生活がままならないのに『生活安全産業』なんてうたえませんよ。
[PR]

by keibi-in | 2009-04-18 00:35 | 雑感  

<< みそあんの季節 スクーター突進 >>