え? それだけ?

先日、駅で携帯電話の落とし物を見つけました。
それを駅員に届けたときのこと。

「これ、拾ったんですが……」
「ありがとうございます!」

爽やかに落とし物を受け取るなり、向こうをむいてしまう駅員。
……。
えっ、それだけ?

自分も仕事柄、落とし物の届け出を受けることがあります。
なので、拾った場所や状況を聞いておかなくていいの?と、不安になっちゃいました。
他にも拾得者の氏名や連絡先は必須事項ですし、受け取った人間として自分も拾得者に名乗らなくてはいけません。
物件によっては謝礼等が発生するかもしれない旨の説明もするよう言われています。

今回のケースで言えば、個人情報の入った物品は落とし主が現れなくても所有権は移転しなくなりましたし、謝礼等も発生しそうにないので、この応対でも問題ないのかな。
ただ携帯や財布などは、拾得以前に何らかの形で悪用されている可能性があります。
そうなると拾得状況は重要な情報。
誰が拾ったかわからないので確かめられません、じゃ大目玉を食らうでしょう。
急いでいたので、こちらも名乗る気はなかったんですけどね(笑)。

こういったことへの応対は、文言を覚えても、いまひとつ実感がわかないものです。
逆の立場から見るとどう感じるかがわかる、いい機会でした。
[PR]

by keibi-in | 2009-04-23 09:39 | 雑感  

<< 今回は『草なぎメンバー』じゃないのね 低カロリーカップうどん >>