そもそも誰が悪いのか

『賠償命令:警官発砲で体に障害、県に1154万円--横浜地裁』 (毎日jp)

どうなんでしょうね、この判決……。
自販機荒らしとはいえ、車でパトカーに突っ込まれたら、警官だって怖いでしょう。
危険に晒されて咄嗟の判断が要求された場面について、あとで机上で「こうできたはずだ」というのは、ナンセンスな気がします。

アメリカで泥棒が「盗みに入った家でローラースケートを踏んで怪我をした」と訴訟を起こして勝訴した、なんて冗談ともつかない話がありますが、それに近いものを感じます。
障害は気の毒としても、無茶をしなければ警官だって発砲しなかったはず。
反撃していなければ、警官や市民が怪我や障害を負っていた可能性もあるのでは?

記事に出ていない事情もあるでしょうし、相殺されてこの賠償額なのだろうとは思います。
が、仕事柄まったくの他人事と言えないだけに、こういう判決は気になります。
護身して訴えられるんじゃ洒落になりませんからね……。
[PR]

by keibi-in | 2009-05-30 01:40 | 雑感  

<< マスクだけにもう一息 夜鳴きそばも進化する >>