小さな花

警備という仕事柄、普通だと見ないような場所をチェックすることがあります。
すると思わぬ場所に思わぬものがあったりして。

大概はゴミの類で、「なんでこんなものがこんなところに」となります。
自転車のサドルだけとか、サンダルが片っぽとか。

でも今回は、小さな花が物陰にひっそりと咲いてました。
e0128637_631237.jpg

相変わらず画質悪いですね(汗)。
暗い場所で撮ったものに補正をかけたので……すみません。

この花を見て最初に思い出したのは、「雑草という名の草はない」という言葉。
昭和天皇の言葉だそうですが、いまや某漫画の台詞としてのほうが有名かも?

日陰で誰からも顧みられることなく咲いて散っていく、名前すら知られることのない花。
でも懸命に生きる姿は、ちゃんと美しい。
ガラにもなく、そんなことを感じたり。

前出の漫画には、もうひとつこの花に相応しい言葉がありました。
「人も通わぬ山奥に 咲いた紅葉の心意気」
[PR]

by keibi-in | 2009-06-06 06:47 | 雑感  

<< 時空の歪みを見た ギリギリなキャラクターたち >>