車は向こうから突っ込んでくる

『高速道事故:常磐道で作業員はねられる 4人死亡1人けが』 (毎日jp)

警備が危険な仕事だとは思いませんが、交通誘導で無縁でいられないのがこういったケース。
身の引き締まる思いがします。

警備員はドライバーの運転技術を過信しないよう教育されます。
実際、よく事故を起こさずに走ってると思わせられる車やバイクを見るのは茶飯事。

ただこの事故なんて、技術の問題ではないんですよね。
ドライバーの意識次第で避けられたと思うと、一層痛ましく感じます。
自分がどんなに交通法規を遵守しても、車は向こうから突っ込んでくる。

『交通事故:歩道に車、8人はねる 40メートル暴走、1人重傷--京都の繁華街』 (毎日jp)

この事故も記憶に新しいところ。
決して警備員や工事作業員等に限ったリスクではありません。
たえず危険に身構えていろというのも無理な話ですが、みんなで気をつけましょう……。
[PR]

by keibi-in | 2009-06-24 10:32 | 雑感  

<< 掲示板を設置しました まさしく『濡れ衣』 >>