わかれうた(研ナオコ版)

子供のころ何も考えずに聴いていた歌。
歳を取って、その意味にふと気付くことがあります。
中には身に覚えがある場合もあったりして……。

これは私にとってそんな歌のひとつ。
有名な中島みゆきのヒット曲、その研ナオコ版です。

『研ナオコ/わかれうた』 (YouTube)
埋め込みが再生できない場合はタイトル部分のリンクをどうぞ。

中島みゆき本人の歌唱よりも抑えた雰囲気が、諦念を感じさせてなお寂しい。
道に倒れて人の名を叫んだ経験はありませんが、

♪ 別れの気分に味をしめて あなたは私の戸を叩いた
  私は別れを忘れたくて あなたの目を見ずに戸を開けた

♪ 好きで別れ唄うはずもない 他に知らないから口ずさむ

♪ 恋の終わりはいつもいつも 立ち去る者だけが美しい
  残されて戸惑う者たちは 追いかけて焦がれて泣き狂う


この辺の歌詞はなんというか……かなり突き刺さりますね。
あ、私は戸を開けたほうです。しかも何度も(笑)。

でもいっときの避難所にでもなれたなら、きっと無駄じゃないよね。
人生自体が警備員みたいなものなんだろうか……?

♪ 眠れない私はつれづれに ウェブログを今夜もしたためる
[PR]

by keibi-in | 2009-06-25 03:50 | お気に入り  

<< 夏のゼロカロリー飲料 掲示板を設置しました >>