星に願いを

昨日は七夕だったんですね。
気付かないうちに過ぎちゃってました。

というか、現場には笹が飾ってあったんですよ。
なのに昨日だと思ってなかった。
色気ねぇなぁ、俺……。

ま、硬派な警備員ってことにしておこう!

その現場の笹には、外国人のお客様が短冊をつける姿も多く見られました。
星に願いを掛けるのは、世界共通なんですね。

織姫と彦星は年に一度しか会えない。
だから恋の願いは書いちゃ駄目、って聞いたことがありますが、本当かな?

七夕に曇りや雨が多いのも、逢瀬を邪魔されたくないからとか。
これも後付けっぽいですが、そんな話になる気分はわかりますね。
[PR]

by keibi-in | 2009-07-08 11:09 | 近況  

<< 電車に乗る警備員 Who's BAD? >>