財布の落とし物

お客様の落し物や忘れ物には、本当に色々なものがあります。
中には忘れたのかそれとも捨てて行ったのか、判別の難しいものもあります。
わかりやすい例だと、ボロボロの手袋とか、壊れかけの傘ですね。

深刻な話になりやすい落とし物もあります。財布がその最右翼。
クレジットカードやキャッシュカードは、悪用されずに済んでも再発行などが大変。
会員証の類も含めれば、1枚2枚で済む人のほうが少ないでしょう。
しかも、現場によっては極端に出てくる確率の低いものでもあります。

先日も顔面蒼白で私を呼び止めたお客様がいました。
やはり財布を落とされたのだとか。
深刻な落とし物は、こちらも気が重いです。
見つからないと、落胆されている姿を見なければなりませんから……。

でも今回は財布の特徴をうかがって一安心。
それなら届けられております!

ずいぶん喜んでいただいてこちらまで嬉しくなりましたが、私どもはただお預かりしていただけ。
届けてくださったかたがいらっしゃればこそです。
落とし主のお客様ともども、御礼申し上げます。ありがとうございました!
[PR]

by keibi-in | 2009-07-12 08:10 | 警備  

<< 凶器はパスタ 著作権が文化を滅ぼす >>