制帽の友

夏場、額から噴水みたいに汗をしたたらせている警備員を見たことはないでしょうか。
制帽のビン皮は汗を吸わないので、そのままだらだら垂れてきちゃうんです。

ヘルメット用の汗取りは何種類かありますが、制帽用は警察官向けのを見たことがある程度。
残念ながら一般の人間は買えません。
ハンカチを敷く人もいますが、頭頂部の汗は吸えても額の汗は止められません。

そこでオススメなのが、桐灰化学の『熱中対策 帽子汗とりシート』。
(商品情報はこちら

厚手のスポンジ状のシートです。
粘着剤がついていて、帽子の内側に貼れるようになっています。
汗に反応して、2度程度の涼感が得られるとなっています。

涼感は正直そんなに続かないのですが、汗止めとしてはバッチリ
粘着剤がかなり強力なので、あらかじめ捨ててもいいシャツなどに数回貼って剥がしを繰り返し、粘着力を落としてから制帽に貼ったほうがいいでしょう。
でないと剥がすときにビン皮を傷めてしまうかも。

使い捨ての商品で、勤務ごとに交換するには高価なのが玉に瑕。
使用後にしっかり乾かすよう気をつければ、しばらくは繰り返し使っても問題ないようです。
押し洗いすれば、2~3回の洗濯にも耐えてくれます。

夏しか出荷しない商品のようですが、警備員には冬でも役立つ商品です。
汗が目に垂れてくると面倒ですもんね。
私は今の時季に買い込んで、一年通して使っています。
[PR]

by keibi-in | 2009-07-24 02:02 | お気に入り  

<< テレビ死亡 けんかをやめて >>