いまさら日蝕の話

超絶的に遅ればせながら、日蝕の話。
えっ? なんで今になってって?
当日はほぼ一日曇りで、全然実感なくて、話のタネにするのを忘れてたからです(笑)。

鉄道好きの知人によれば、日食というと『日本食堂』、すなわち食堂車のことだそうです。
言われてみれば、本来の表記は『日蝕』なんですよね。
太陽が蝕まれて見えるわけですから、納得がいきます。

でもそれじゃ、なんで『日食』でも違和感ないんでしょう?
昔「怪物に太陽が食われて暗くなる」と考えられていたのを、みんなが知ってるからかな?

いまやテレビニュースでも「日食」表記なんですよね。
一般はともかく、報道ぐらいは正式な表記を使って欲しいかなぁ。

次に日本で皆既日蝕が見られるのは、2035年だそうです。
26年も先かぁ……なんとも宇宙的なスパンの話です。
私はとっくにくたばってるでしょうから、若い人は報道の表記を確かめてくださいね(笑)。
[PR]

by keibi-in | 2009-07-28 02:00 | 雑感  

<< ドーナツはハンバーガー屋 ウケすぎ! >>