一時代の終わり

『「フロッピー」は退場目前 FDD主要メーカー「撤退」へ』 (J-CASTニュース)

私が初めてフロッピーディスクを使ったのは、20年以上前のことでした。
3.5インチ? いえいえ、5インチです。

フニャフニャで頼りなく、磁性体も剥き出しのメディア。
でもデジカメもMP3もなく、グラフィックは16色とかで、データ自体がごく小さかった時代。
今となっては端数に過ぎない1.44MBは、広大で可能性に溢れて感じられたものでした。

私もこの10年はほとんど使う機会がなかったですが、後発でより大容量のメディアが先に消えていったことを考えれば、FDDがどれだけ普及していたかがわかります。

『MOディスク販売、三菱化学メディアと日立マクセルが終了へ ソニーは継続』 (ITmedia News)

MOディスクも終売間近ですね。
これらから移行しておかなければいけないデータがある方は、今のうちにどうぞ。
[PR]

by keibi-in | 2009-08-05 14:39 | 雑感  

<< 夜も熱中症 カミナリ様のいたずら >>