ペットボトルは身を助ける

なんともラッキーな話をひとつ。

『ペットボトルを浮輪に2時間…転落船員救助』 (YOMIURI ONLINE)

ペットボトル製のいかだは知ってましたが、2リットル1本でも浮き輪代わりになるんですね。
記事的にはペットボトルを持っていたのがラッキーということなのでしょうが、なにもそれだけが幸運だったわけじゃありません。

まず転落の事実を他のクルーが知らなかった。
つまり誰も探してくれてない状態です。これはかなり致命的。
そこへたまたま他の船が通り掛かった。
しかも貨物船ということはそれなりの規模の船のはずですが、漂流に気付いてくれた。

仮に転落がわかっていたって、広大な海の波間にひとり漂う人間を探すのは至難の業でしょう。
なんという幸運!

なにより結果としては2時間の漂流でも、助けが来ないとわかっている状況でのそれは、おそろしく長い絶望の時間だったはず。
諦めずに耐え抜いた漂流者に乾杯!
[PR]

by keibi-in | 2009-08-15 00:23 | 雑感  

<< トイレの怪 ヱヴァ破 >>