尊敬します

我が家にときおり郵便物を届けてくれる配達員さんを尊敬しています。

歳の頃は自分と同じぐらいかな?
ぶっちゃけ、見た目はただのオジサンです。その点も自分と同じ(笑)。
でもこの配達員さん、言動がものすごく丁寧なんです。
最初は丁寧すぎて、違和感を感じたぐらい。

日本郵便になって、マニュアルが変わったせいかと最初は思いました。
実際、他の配達員さんも、以前に比べればずっと感じは良くなりました。
でもやっぱり、この配達員さんはスペシャル!

「~~様でいらっしゃいますか」
「~~でございます」
「どうぞ、お受け取りください」
等、まず文言が丁寧。
ここまでの言い回しをする人は、接客業全体で見ても多くありません。

置いてあるものの上を越えて渡すときは「上から失礼いたします」
郵便物は必ず相手に正対して、両手で渡します。
最後にお辞儀を深々と。
書留のように印鑑の必要なものだけでなく、速達でも変わりません。

気が向いた日だけなら、誰でもできるかもしれない。
でもこの配達員さんがうちにいらしたときは、決まってこんな感じです。
毎日何十軒とまわっては、同じことをされているはず。

それがちょっとやそっとのことではないのは、自分の仕事に置き換えてもわかります。
すべてのお客様に、変わらない笑顔で挨拶し続けることさえ、決して簡単ではありません。
それを相手と一対一という、印象に残る状況でするのですから、なおさらです。

この配達員さんが郵便を持ってきてくれると、その日は気分よく過ごせます。
なんとかこの配達員さんのお仕事に報いられたらいいのですが……。
なにもできることがないんですよね。いい仕事をされていると思うだけに、歯痒いです。

同じサービス業の人間として、せめて、尊敬させてください。
自分もお客様にこんな印象を持ってもらえる警備員になりたい!
[PR]

by keibi-in | 2009-08-28 05:09 | 雑感  

<< ボタンをつけよう トイレのイタズラと空き巣の後継者 >>