怪物以上

『暴力容疑:娘の中学に乱入 30代の夫婦逮捕 埼玉』 (毎日jp)

モンスターペアレントという言葉が流行りましたが、それ以上ですね。
学校が制服かどうかなんて、入学前にわかることです。
それがいやなら、生徒や親は他の学校を選ぶべきでした。

押し掛けるのは初めてじゃないということで、学校はもっと早く対処すべきだったと思います。
「お客様」だから、という側面があったのでしょう。
小売やサービス業相手に無理難題を通そうとする人が増えているのと同じ構図かもしれません。

小売業などの「クレーマーもお客様」という精神は立派です。
自らの襟を正してレベルアップするには、クレームに耳を傾けることは必要でしょう。
不景気だからなおさらです。

が、まっとうな苦情と無理難題を通したいだけの屁理屈は別。
後者を許していたら、クレーマーばかりのさばって、良識あるお客様の足が遠のきます。
仕事上、そんな状況を何度か目にしてきました。

もめている場面を他のお客様に見られたくなくてクレーマーの要求をのんでしまうのは、長期的には得策と言えません。
誰だってまっとうな客よりクレーマーに利便を図られていると感じれば、たとえ悪いのはクレーマーだとわかっていてもいい気はしないものです。
不正を許さない毅然とした態度が信頼や安心感につながることもあります。

クレーマーのゴネ得を許さないのは、良識あるお客様へのサービスの一部だと思うのです。
[PR]

by keibi-in | 2009-09-13 04:16 | 雑感  

<< 懐かしい味 ダイエットの代償 その2 >>