トイレの性別

『シカゴで開催された「トイレ・レボリューションイベント」とは』 (Excite Bit コネタ)

「シカゴ市内の公共トイレで、堂々と別性のトイレに入り、何か言われたら「単なるトイレ」を公言する、というのがテーマ」だったそうで……。
警備員としては、遭遇したら対処に困るケースですね(汗)。

いち男性として言わせていただくと、トイレに性別を必要としているのは女性だと思います。
男子トイレに女性が入っていても、男はちょっと驚く程度で終わりでしょう。
ですが、これが逆だと大騒ぎになっちゃう。



痴漢や覗きを働く不逞の輩がいる以上、これは仕方のないことです。
トイレのユニセックス化には一番のハードルでしょう。
文中にある、「全ての男性が個室に入るようにすればいいのだろうか」というアイディアも、覗き対策にはならないというか、むしろ温床になりかねませんからね。

女子トイレっていつも混んでるようですから、ユニセックス化にはそこも障害かも。
個室しかないせいだけとは思えないのですが、化粧室を兼ねてるからでしょうか。
男性にはトイレで待つ習慣ってあまりないですから、不満が出そうです。

なにより順番待ちで男女が列を作るとか、なんか気まずいですよね。
若いうちは誰でも「美女(イケメン)はトイレなんて使わない」的な幻想を抱きがちですが、そんなのは見事に打ち砕いてくれそうです(笑)。
目の前で超タイプの異性が個室に入り、直後に爆音が聞こえてきたら……どうします?(ぉぃ)
[PR]

by keibi-in | 2009-10-07 07:01 | 雑感  

<< 最後の確認を 台風の注意点 >>