スーパーライディングおばちゃん

通勤中に前を走っていた原付スクーターのオバチャン。
信号待ちの間、ベッタリ両足を地面につけてました。
そして青信号で発進。

ところが両足はそのままです。
フロアに乗せることなく、伸ばしています。

最初はスピードに乗るまで、足をつけやすくしてるのかなと思ってました。
が、充分に加速しても両足とも伸ばしたまま

よく見ると、女性というのを差っ引いても、えらく内股になっています。
文字で表すと 〉〈 ←こんな感じ。
尻もシートに乗せてると言うより、立ち乗りに近い雰囲気。
どうやらニーグリップの要領でシートの先端を挟みこんでいるようです。

スクーターは急制動などで尻がすべったりすることがあります。
ニーグリップしたくなる気持ちはわかるんですが、バンクさせて初めて曲がるもの。
カーブで不用意に足を擦ったりしたらと、こっちはハラハラしっぱなしでした。

見ている限りは器用に曲がってましたが、彼女の後ろは走りたくないなぁ。
ある意味、超絶ライディングテクニック? すごい体力要りそうです。
講習のときになにも言われなかったんだろうか(汗)。
[PR]

by keibi-in | 2009-10-19 00:18 | 雑感  

<< 究極のハンズフリー にぎやかになるハイブリッド車 >>