丁寧すぎて心配

もう落ち着きましたが、2週間前ぐらいまでは交通誘導の短い書き入れ時でした。
道路沿いの樹木のメンテナンスで警備を見掛けた方は多いでしょう。

私が見たその警備員氏は非常に丁寧でした。
丁寧すぎて心配になるぐらい。
停めた車を通すたびに深々とお辞儀するんです。
かなり勢いよく、90度ぐらいに。

もちろん丁寧なのはいいことです。
交通誘導ですから、ジェスチャーも大きいほうが伝わりやすい。
が、これはさすがに空回りかと……。



かくいう私も、加減がわからなかった頃には深々とお辞儀したりしてました。
でもそれは現場から目を離すことになるんですよね。
時間にすれば1秒ほどの違いでも、思いがけぬ車や歩行者の動きは見逃す恐れがあります。

それにあんなに激しい(?)お辞儀をしていては、警備員氏の腰が心配。
回数がハンパじゃないですからね。
私も一時期は腰痛に悩まされました(苦笑)。

会社ごとに決まりが違うのでしょうが、私は会釈程度でいいと思います。
礼式でも深々と礼することはありませんよね。
そのかわりと言ってはなんですが、笑顔!
笑顔は一番謝意が伝わると思います。

それに「警備員の笑顔は七難隠す」と言いまして。
や、自分の中ではですけどね(笑)。
[PR]

by keibi-in | 2009-11-14 08:59 | 雑感  

<< 手動アイドリングストップ 駐車券紛失 >>