アイコンタクトの技術

『目で殺す!技術』 (All About)

なにやら物騒だったりスケベそうだったりする見出しの記事ですね(笑)。
でも警備にも役立つことが書かれています。

警備というと、睨みをきかせるのが仕事という印象をお持ちのかたは多いでしょう。
実際には、施設警備などは接客業と言って差し支えないと思います。
業務の多くがお客様のご案内。
なので、どうすればお客様に良い印象を持っていただけるかが重要になります。

そのアイコンタクトについて、この記事の後半部分はとても参考になります。
親しくない人と話すとき、視線を持っていく場所に困った経験はないでしょうか。
目を合わせていないと話を聞いているように見えないし、合わせ過ぎると威圧感が出てしまう。

両方の短所を満たすには、視線の切り替えで対処するそうです。
注視する顔のパーツを変えるんですね。
いい方法だと思います。
接客業の皆さんはぜひご一読ください。
[PR]

by keibi-in | 2009-11-19 08:18 | 雑感  

<< 交通事故多発交差点 真冬かよ! >>