深夜のガス責め

友人にとてつもなくくさいオナラをする男がいます。
共通の友達が集まれば、全員一致で最臭王の称号を得るぐらいです。
しかも寝ているとプップカプップカとガス漏れを起こします。

その友人はとてつもない暑がりでもあります。
春・夏・秋はほとんど布団をかぶらずに寝ます。

その彼も、ここしばらくの寒さには勝てなかった模様。
ちゃんと布団をかぶって寝た夜のことだそうです。
朝方冷え込み、肩の上まで布団をあげていて

ブモッ!

とやらかしてしまったんだとか(擬音は経験に基づく想像です)。
布団の中は瞬時にガス室と化して……。

「死ぬかと思った」とは彼自身の弁。
だからビオフェルミン飲めってば!(笑)
[PR]

by keibi-in | 2009-11-22 10:46 | 雑感  

<< 足首を防寒したい 地表を這うUFO >>