ホテルのバイキングと100円均一の類似点

最近はホテルでも格安のランチバイキングを出していたりします。
中には「元が取れるの?」というような価格や内容のものもありますね。
どういう仕組みか気になったことはないですか?

『高級ホテルのバイキングは儲かるのか?
儲けのカラクリは意外なところにあった』 (MONEYzine)


なるほど、目玉以外で儲けるのと、人件費の圧縮ですか。
100円均一と似たようなものなんですね。



100均では加えてスポット入荷というのがありますね。
自社企画でない商品が、諸事情で安く入荷したというパターン。

この場合、品切れしても次の入荷は未定です。
よそで売られていればいいんですが、ちょっとマイナーどころだとそれもなかったり。
そういうのに限って気に入ったりして、困ることがあるんですよね。
これもバイキングでお目当てのメニューが切れたまま追加されないときと似てるかも?(笑)

いくら格安でも、昼からホテルに食事なんてそうそう行けるものじゃありません。
時間制限があるバイキングで品切れだと、損した気分になっちゃうのは私だけでしょうか。
ああっ自分の貧乏性が憎い!
[PR]

by keibi-in | 2009-11-27 04:51 | 雑感  

<< ツリー点灯 現在進行形 >>