夫婦別姓

『夫婦別姓法案を来年提出へ 法相意向、次国会成立図る』 (47NEWS)

ただでさえ家族の結びつきが弱くなってると言われるご時世に、これはどうなんでしょう。
もっと夫の側も妻に姓を合わせるべき、という議論ならわかるのですが。

家族はやっぱりひとつであって欲しいと思います。
姓など体裁に過ぎなくても、体裁すら繕えないよりはまだ結びつきがあるでしょう。
私は家族の結びつきが弱い家で育ちましたが、それがプラスに働いた記憶はありません。
反対にマイナスの影響はいまだに残っています。

もちろん、別姓は働く女性にはメリットのあることです。
逆に言えば、目立った具体的恩恵はそれぐらいしか思い当たりません。
残りの大半は人権論上の矛盾の解消、理屈の問題でしかないと思います。

妻が夫に合わせるにせよ、その逆にせよ、姓を同じくするというのは、その人と家庭を築いて人生を一緒に歩いていく覚悟のあらわれでしょう。
姓を変える程度に抵抗を感じる相手との結婚なんて、少なくとも子供にとっては迷惑な話です。
漫然と別姓を認めるというのでは、失うものがあまりに大きいと思うのですが……。
[PR]

by keibi-in | 2009-12-29 06:09 | 雑感  

<< バン! バン! バン! 帰省始まる? >>