誰かが君を信じてる

新成人のみなさん、おめでとうございます。
これからはご自身の言動には自分で責任を負わなければなりません。
成人の日はただのお祝いではなく、そんな自覚を持つための節目です。

残念ながら、近年は「荒れる成人式」なんて形でマスコミを賑わすことが多いですね。
もし羽目を外しそうになったときは、このお話を思い出してください。

『「あなたたちは宝」タイムカプセルからじいちゃんの手紙』 (asahi.com)

なにげない笑顔や親切が、知らぬ間に誰かを元気にすることがあります。
あなたの存在自体を励みにしている人がいます。
たとえ家族や友達、知り合いですらなくても、あなたを知っている人は大勢います。
そしてあなたを信じている人がいます。

どうか、すてきな大人になってください。
[PR]

by keibi-in | 2010-01-11 08:52 | 雑感  

<< 復活! お正月の失敗 >>