日本、難破中

『鳩山演説「労働なき富」にヤジ、「それはあんただ」』 (YOMIURI ONLINE)

最初耳にしたときは、なんともひどい話だと思いました。
ママのお小遣いは違うってか!?みたいな。
でも記事を全文読んでみると、ちょっと印象が違います。

「自分のことを言われるのはわかっている。だからと言って間違っているんですか?」
「国民の心に響いたらと思っている。批判も覚悟で思い切ってやらせていただいた」
なんだそうで……。
いまさら心に響くもなにも、多くの人がずっと不満に思ってきたことですが。

要するにこの首相、正真正銘、育ちがいい人なんでしょうね。
ワーキングプアの窮状とか、理屈では分かっても、感覚を理解できないタイプ。
「パンがないならケーキを食べれば」を、悪意や皮肉じゃなく地で言う人なんだと思います。



個人として付き合うぶんには、いい人なのかもしれません。
政治家としても、野心だけの人間でないところは安心でしょう。
つまらない誘惑に引っ掛って汚職に走ったりしそうにない点もいいかな。

でも追い詰められている人の気持ちを実感できないというのは致命的です。
独裁に陥らず、かつ人を引っ張っていくというリーダーシップもない。
そもそも、他人の足をすくって喜ぶ人間がいる世界には向いてなさそう。
そういう意味では、本当に心もとない首相さんです。

いま日本という船に必要なのは、海図を指してここに行くと決めることじゃありません。
とにもかくにも荒れた海から脱するための舵取りと、船内のマネジメント。
どう船を補修し、飢えた船員を食い繋げさせるかだと思うのですが。
[PR]

by keibi-in | 2010-01-31 14:39 | 雑感  

<< ぎゃふん しかりごもっとも >>