さよならFD

『ソニー、フロッピーディスクの販売から撤退 需要急減で』 (msn産経ニュース)

遂にフロッピーディスクも終焉ですか。
デジカメ画像1枚で数MBになる昨今、確かに使う機会の限られるメディアにはなっていました。
パソコンにFDドライブが装備されなくなって久しいですもんね。
とはいえ、5インチの時代からFDを見てきた身としては、やはり寂しいものがあります。
(正確には8インチも見たことだけならあったり)

コンパクトで頑丈なジャケット、金属製のシャッター、スライド式のライトプロテクト。
機能的には5インチと変わらなくても、3.5インチディスクは何か未来的に感じられたものでした。
いまやMOでさえお役御免の時代ですから、それを考えれば長かったのかな。

でもいまだにCD-RやDVD-Rを焼いてもあまり「ディスクに書き込んだ」という気がしないんです。
なぜかは自分でもよくわかりません。
メモリカードなんて実感がなさすぎて、ちゃんと書きこめてるか不安になることも。
オッサンのたわごとですかね(笑)。
[PR]

by keibi-in | 2010-04-28 02:12 | 雑感  

<< GW突入! 地デジ大矛盾 >>