眼鏡もテクの一部です

たまの眼鏡ネタでご存知の通り、警太朗はハード・メガネラーでございます。
眼鏡がないとなーんも見えないので、仕事でももちろん使うのですが、
業務内容によって眼鏡のデザインを変えるようにしています。

警戒業務が主体のときはシャープなイメージのフレーム
誘導・案内業務が主体のときは柔らかいイメージのフレーム

具体的にはメタルフレーム、スクエア、上下幅の狭いレンズなどは前者向き。
セルフレーム、オーバル、広いレンズ、老眼鏡等だと後者に寄る感じですね。
気持ち効果はあるように感じます。

以前hiroさんがコメントくださっていたように思いますが、
コンタクトを使えるかたは、そちらでも相手の反応が違ってくるでしょう。
眼鏡選びも警備のテクニックのひとつかもしれません。
アイウェアを複数お持ちのかたは、色々試してみると良いと思いますよ。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-10 10:20 | 警備  

<< 他人事でない事故 大人の辞めかた >>