不審者の正体

商業施設のバックヤードに不審者。
若い男が事務所の外の暗がりでキョロキョロ。
事務所内はちょうど無人でした。

ここは経費削減のため、裏ではあちこちの照明を落としています。
防犯的にまずいのでやめてほしいとお願いしてるんですが、そのつもりはないようで。
入金機なんかもあるので、気に掛けてたところでした。

万一の場合も警戒しつつ、心の中で気合いを入れて声掛け。
「なにかご用でしょうか?」
「あの、今日からバイトでお世話になるんですけど……」
間近に見ると確かに学生っぽい。
そうか、事務所に誰もいないからどこに行けばいいか分からないのか。

担当者と連絡を取って、間違いないことを確認。
もしかして生まれて初めてのバイトかな?
終始ぎこちない笑顔を浮かべて、見事なまでのキョドりっぷりが初々しい!
ひと月もしたら笑顔なんて見せてもらえなくなるのが警備のさだめですが(笑)。

頑張ってください!
[PR]

by keibi-in | 2010-05-17 00:44 | 警備  

<< 夢を抱きしめたら 未来は変えてゆける 不健康なハイテンション >>