無数の星のまたたき

『ハッブル望遠鏡がとらえた宇宙の神秘』 (毎日jp)

宇宙に美しさと同時に怖ろしさを感じるのは、きっと私だけではないでしょう。
そして自分もそのごく一部、砂粒以下の存在でありながら、
自分にとってはそれが世界のすべてという不思議。

いてもいなくてもなにも変わらないちっぽけで一瞬の存在だけど、
それなくして全体が成り立つこともない。
自分が宇宙の一部というのは、本当に奇妙な感覚です。
[PR]

by keibi-in | 2010-05-22 00:24 | 雑感  

<< ブルーベリーで涼む 犬とにらめっこ >>