第一印象

携帯電話の機種変更に行ってきました。
担当は吉本多香美似のおねいさん。
ちょっとツンとした感じで言葉少ななのは別にいいんだけど、
手続きに結構時間がかかるので、間がなんか気まずい……。

新携帯は電池蓋にロックがついてたりして、おねいさん若干苦戦気味です。
ふと「機種ごとに扱いが違うと覚えるの大変ですね」と言うと、
「そうなんですよ、これは発売されたばかりでまだ慣れてなくて」

そこからフランクな感じになってくれたおねいさん、
「お客さんのを扱ってるうちに覚えてくるところ、ありますね」
と笑ってました。そうなんだ(笑)。



手続きと最低限の設定が終わって、「なにかご質問はございますか?」
そう聞かれても、どこが分からないかが分からない。
「えーと……使ってみて分からないところがあったらまた来ます」
「ですよねー! 今渡されたばっかりですもんねー」
……やっぱりそう思うんだ(笑)。

帰り際、店の入口まで送ってくれました。
大袈裟で恥ずかしいので辞退したんですが、やはり送ってくださるので、
「ああ、送らないと店に叱られるんですね?」
と笑うと、大受けしてました。
なんかもう最初の印象と全然違う。楽しいおねいさんでした。

第一印象でその人を決めつけたらいけない例のような話でしたが、
逆に言えば、自分のような仕事では第一印象が重要ということですね。
お客さんとはそう長い時間接するわけじゃないですから、
第一印象が悪ければそれがすべてで終わってしまいますもんね。
今日もビシッと笑顔決めていかねば!
[PR]

by keibi-in | 2010-06-17 02:27 | 近況  

<< 長靴の出番、されど 激辛ですか? >>