「ガードマン」

日本人にはなにかと日本語に外国語を組み込みたがるところがありますが、
警備員に関してはなぜかガードマンという言葉を使う人は少ないです。

私が現場で「ガードマンさん」と呼ばれるとき、相手はまず間違いなく年配のかた。
ガードマンは和製英語なので、若い世代では使われなくなったのかもしれません。

ちなみに英語では正しくは「security guard」だそうです。
「house detective」なんて言い方もあるとか。こっちのほうが格好いい?

ただどちらも日本語の中に混ぜて使うには長くて、ちょっと向いてないですな。
[PR]

by keibi-in | 2010-06-22 01:39 | 雑感  

<< 出発進行! ターミネーター警備員? >>