逮捕しちゃわないぞ

警備の仕事をしていると、ときに警察官と間違われたり、
「警察の方ですか? それとも警備員さん?」
そんなふうに尋ねられることが、たまにあります。

私の勤める会社の制服は、警察のものとはかなりデザインが異なっています。
それでも普段接点のあまりない方にはどちらも同じに見えてしまうようですね。
確かに警察の制服は部署や用途で結構バリエーションがあるようですし、警備員の制服はというと警察を強く意識したデザインが多い気がします。
そこで、とにかく簡単な警察官と警備員の見分け方です!



(1) 場所で見分ける 
ふだん商業施設やその周辺、工事現場で立ち番をしているのは警備員です。
そういった場所はごく特別な場合を除き、警察が警備することはまずありません。
現金輸送を手がけたり、小さなイベントで配置されているのも警備員。
大きな駅とか空港といった場所、大祭などの大型イベントの場合には、警察と警備員の両方がいます。
交通誘導は大半が警備員ですが、警察がしている場合もあるのでぶっちぎったりしないでくださいね。006.gif

(2) 制服の色で見分ける
現在の警察は一部(白バイや音楽隊、皇宮警察など)を除いて、基本的に紺~水色の制服になっています。
もちろんそういった色の制服の警備員もいますが、それ以外、たとえば緑系やグレー、ベージュ、エンジ色などは確実に警備員ということになります。
自衛官まで含めると例外もできてややこしくなりますが、彼らがその姿で街中に普通に立っていることはあまりないでしょう。
もしそういう場面に出くわしたら……クーデター……?(ぉぃ)

(3) 社員証で見分ける
警備員は大抵胸のあたりに社員証をさげています。
警察官は身分証を別途持っていますので、パッと見てわかる社員証がついていれば、それは警備員です。
これが一番簡単で確実に見分けられる方法かもしれませんね。
実はむしり取って走ると追いかけてもらえるという特典付きのアイテムなのですが、それはここだけの秘密です。(絶対やっちゃダメ!)

いかがでしたか?
これであなたも今日から警備員博士!

……ごめんなさいごめんなさい、また大げさなことを言ってしまいました。
石投げないでぇー! むしろコメントを投げてぇ~!
[PR]

by keibi-in | 2008-02-16 05:55 | 警備  

<< 未来(あした)予報はいつも雨または雪 クニウミさゆりじゃありません >>