こんなに違う? 警察と警備

似たような制服で仕事をするからか、警察と警備は混同されがちです。
でも実際は全然違うんですよ。
どう違うのかというと……これはあくまで私の勤める会社や私個人の認識で、人や会社によって捉え方の違いもあるでしょうが……。

・警察は基本的に何事かが起きてからが仕事。
・警備は何事も起こらないようにするのが仕事。

ざっと言うとこんな感じでしょうか。
もちろん例外はありますよ。
警察も防犯には力を注いでいますし、警備でも万引きを捕まえる係はいます。

警備員が制服姿で施設を巡回し、交通誘導をし、現金や貴重品の輸送をするのは、その存在をアピールするためです。
「ここに見ている(備えている)人間がいますよ」と分かってもらうことで、事件事故を未然に防ぐのが目的なんです。

施設警備の場合はもうひとつ大きな意味合いがあるんですが、それについてはまた機会を改めて……。
[PR]

by keibi-in | 2008-03-04 10:32 | 警備  

<< 目撃した最高記録は4人乗り 近くて遠い店 >>