ジェロって何じぇろ?

もうご存知の方も多いでしょう、黒人演歌歌手のジェロ。
普段演歌に興味のない私でもつい聴いてしまいます。

「ジェロ(歌コン最前線)」(YouTube)

ホントうまいですね。会話の日本語も完璧。
でも逆に言えば、ここまで完全だと日本人が歌うのと変わりません。
訛りがあったりすれば、その人のオリジナリティになるのでしょうが……。

もちろん、日本人が歌っていたら、同じ歌でもこうは当たらなかったでしょう。
かと言って物珍しさやギャップの楽しさだけで注目されているとも思えません。
ジェロを見ているとなんだか嬉しくなってくるんですね。自然と応援したくなっちゃう。

一番の理由は、もしかしたら「外国人がこんなにも日本を理解してくれている」ところにあるのかもしれません。
演歌は日本らしさの中でも特にコテコテのものですもんね。
(正確にはジェロはクォーターだそうです)

日本人って外国人からはなにかと誤解を受けやすいように思います。
そのひとりとしては、ジェロが成功して海外に日本のことを正確に伝えてくれればなんて、そんなことも思ってしまうのでした。
[PR]

by keibi-in | 2008-03-29 09:34 | 雑感  

<< 話を聞かせてもらおうか いまや放送禁止? >>