その駐車スペースは誰のため

大き目の駐車場ならどこにでもある、青地に車椅子マークの駐車スペース。
その絵が示すとおり、身体に障害を持つ方のためのものです。
大抵は施設の出入り口に近く、スペースが大きめにとられています。
そのためか、健常者が車を停めてしまうケースがあとを絶ちません。
すいていれば大丈夫だろう、とおっしゃる方が多いのですが、ちょっと待ってください。

駐車場の混雑状況は流動的です。ガラガラだったのがあっという間に満車まで埋まることも珍しくありません。
それに、身障者用駐車スペースが広いのには大きな理由があります。
車椅子や足腰の不自由な方が乗り降りしやすいようにです。
つまり、身障者用スペースでなければ施設を利用できない方がいらっしゃるのです。



同じマークのステッカーを車に貼っておけばいいと思っている方もいるようですね。
残念! あのマークは本来、身障者の利用に配慮した施設がつけるものです。
自動車に貼っても身障者用スペースに無条件に駐車できるわけではありません。
必然性がない駐車には移動をお願いすることがありますが、ご協力くださいね。
せっかくの思いやりの制度、みんなで活かしていきましょう。

ちなみに……。
あまり知られていませんが、身障者が運転する自動車にはクローバーのマークが貼られています。
参考資料・かすみがうら市社会福祉協議会
そんな車を見かけたときは、ぜひ優先的に道を譲るなどしてあげてください。
[PR]

by keibi-in | 2008-03-31 19:06 | 警備  

<< 実は私…… シャーマン警備員誕生!? >>