こんな国でいいんですか?

私、怒ってます。
なににって、「後期高齢者医療制度」改め「長寿医療制度」ってやつです。
今日から始まったそうですが、初日からいきなり名称変更だとか。
内容のほうもそれにたがわず、エイプリルフールだと思いたいぐらいのものです。
思想がかったことは得意じゃないのであまり言いたくないのですが、それにしたってひどい。

ざっと言うとこんな制度です。
・75歳以上の方のみを対象にした新しい保険
・現在の国保や健保は脱退させられて強制加入
・年金が月額1万5千円以上だと保険料を天引き
・保険料は都道府県ごとに異なる(全国平均で月額約6千円)
・医療費の窓口負担率は変わらない
・保険料を滞納すると保険証を剥奪される
・保険料は2年ごとに改定され、その都度あげられる可能性が高い

正気か!?

75歳以上にもなれば、お金を稼ごうにも職が得られないのが普通です。
仮に職があっても肉体的に耐えられない方も多いでしょう。
お子さんに先立たれて、収入は年金だけという方もいらっしゃる。
そんな、少ない生活費でつましくやっている年配の方々から月に6千円取る!?

なんであるところから取らないの! ないところから毟ろうとするわけ?
あるところから取ったって「不愉快だ」程度で済むでしょうが、ないところから毟り取ればあるのは死だけじゃないですか。
いやそれ以前に、税金の膨大な無駄遣いをちっともやめないでおいて足りないから取るって、どこの放蕩息子だよ!



そうでなくても将来をはかなんで自殺するお年寄りはあとを絶ちません。
人生70年80年と生きてきて、その最期が自殺だなんてあまりにも悲しい。
若いうちなら貧乏生活だって耐えられる。強い身体と健康があるから。
肉体が衰えた老後こそ、誰だってゆったりと安心して暮らしたいはずなのに、この制度は明らかに逆行しています。

これはあれですよね、つまり「相手が稼げてるうちはさんざっぱら金を貢がせといて、逆にお金がかかるようになったらさっさと死ねと突き放す」のと同じですよね?

エラい政治家先生がたや官僚の皆様はしこたま稼いで、老後の金の心配なんてしたことがないんでしょう。
月々ン千円の負担でなに騒いでんだとか思ってんでしょう。
でもね、普通のお年寄りたちは本当につましい生活をなさってますよ。
1日でいい、そこら辺のありふれたスーパーのレジに立ってごらんなさい。
あなたがたの感覚がいかに世間と乖離してるかよくわかりますよ。

弱者を切り捨てなきゃ保てない国なんて既に国じゃありません。
しかもお年寄りたちはちょっと前までは必死に働いて納税してきたんです。
なのに……。
これが今まで国を支えてきた人たちにする仕打ちか!
恥を知れ!


「自分には関係ない」と思っている若い方へ。
これは決して他人事じゃありませんよ。
今のお年寄りの姿は、あなたの数十年後の姿なんですから。
少なくとも俺はこんな国で年取りたくねぇよ!!
[PR]

by keibi-in | 2008-04-01 21:53 | 雑感  

<< 実践主義の子供たち 実は私…… >>