駐車券の紛失にご注意ください

いよいよゴールデンウィークということで、お出かけを計画されている方は多いと思います。
最近はほとんどの駐車場が機械による精算になりましたが、そういった現場で多いご相談が駐車券の紛失です。
実際、場内の巡回だけでも結構落ちているのを見掛けます。
特に土日や祝日は増える傾向にあるようです。

ところが私のように駐車場を直接監視している警備員には、なんの権限も与えられていないことがあります。
そんな場合には、なんとかしてあげたいと思っても、できることがありません。
駐車場の管理が複数の会社にまたがっているためです。
たとえばこんな感じに……。



(1) 駐車場を経営している会社
(2) 機械の保守点検をしている会社
(3) 機械の修理をする会社
(4) 無人時に駆けつけたりインターホンに応答する警備会社
(5) 監視や車の誘導をする警備会社


実際に駐車場で働いているのは(2)以降の会社の人たちで、お互いそれぞれの仕事以外のことには手を出せません。
駐車券の紛失に応対できるのは(2)~(4)ですが、これらの人が現場に居合わせる機会はそう多くはありません。
せっかく(5)の警備員にご相談いただいても、結局インターホン(最近は駐車券紛失専用のボタンがある精算機もあります)で(4)の会社と連絡を取っていただくことになります。

で、これが意外と面倒なんですね。
あれこれ説明しないといけませんし、現場で顔を合わせているわけではないので、いまひとつ話も通じにくい。
それで遠隔操作でゲートをあけてもらえればまだいいのですが、なんらかの理由でそうできない場合、係員の到着まで15分ほど時間が必要になってしまいます。

駐車券をなくしても命に係わるわけではないですが001.gif、せっかくのお時間を無駄にしていただくのは忍びありません。
紛失にはどうかご注意くださいね。
[PR]

by keibi-in | 2008-04-28 06:14 | 警備  

<< それはプチテロリズム 自ら「絶品」を名乗る自信のほどは >>