パスワード入力は慎重に

壊れたマシンからのデータサルベージがいい機会になって、滅多に使わないデータを圧縮することにしました。
こういうとき、私はパスワード付きzipで固めることにしています。
ジャンルごとにファイルにまとめていくうち、作業済みのものに入れ忘れたデータがあったことに気付きました。

ところが一旦ほどいて加えようとすると、パスワードが違うとエラーが出ます。
そんな馬鹿な? 初めて使うパスじゃないのに。
でも何度入力しなおしたところで、返ってくるのはエラーばかり。
こ、これは……。008.gif

やっちまった!

きっとパスワード設定の時にミスタイプをしてしまったのです。
そういえばネットサービスでのパス設定とは違って、確認入力がないもんなぁ。
いつも面倒臭いだけだと思ってたけど、やっぱこういうことってあるんですね。



仕方がないので見当をつけて、わざと間違えたパスを入れてみます。
でも10回やっても20回やっても当たらない。
もちろん、かすってるかどうかすら分かりません。

結局自分で入れたパスワードで、解析ツールのお世話になることに……。
情けないったらありゃしない。

本来入力されるべきパスはわかってますから、字数や文字種を限定することで時間をかけずに解析できたのだけが救いでしょうか。
みなさんもうっかりミスにはご注意ください。
私は一文字余分に紛れ込ませた上に、さらに一箇所ミスタイプしてました。
そりゃ手作業じゃいくらやっても当たらんわな。
[PR]

by keibi-in | 2008-06-24 01:12 | 近況  

<< ゴルゴいわく オッサン下着のように >>