コードブルーって面白い?

店舗内を巡回中のこと。
小学校にあがったかどうかぐらいの子供が、母親にせがんでいました。

「家に帰ったらコードブルーやろう! コードブルーやろう!」

最初はその言い回しで、母親とゲームを一緒にやりたがってるのかなと思ったのですが、直後にそんなタイトルのドラマがあったのを思い出しました。
医療ドラマですよね。ビデオを流して欲しいって意味だったんでしょう。



私も「ER」なんかは好きですし、「医龍」のコミックはドラマ化される前から単行本を買い集めてたりしたんですが、コードブルーはノーチェックでした。
どうも和製ドラマ全般に浪花節傾向だったり、強引にハッピーエンドに持っていきたがるところがあって、それが医療ドラマや法廷劇とは噛み合わない気がしてるんですね。
主演陣にアイドルや人気先行の若手俳優が起用されてたりすると、途端に嘘臭くなっちゃうし。

でも自分も子供のころ、「白い巨塔」(もちろん田宮二郎版!)を見て、たいして意味もわからないのに面白いと思ってたんです。
子供がハマれるぐらい面白いなら見てみようかと思ったんですが、既に終盤のようで……。
完全に乗り遅れてしまったようです。ショボーン。

再放送を待つとするかぁ。
[PR]

by keibi-in | 2008-08-24 02:44 | 警備  

<< 79歳の通り魔 手抜き工事ならぬ…… >>