贈る言葉

「ただ立ち止まって嵐をしのぐことも、一歩を踏み出すに等しい」

こんな言葉を、学生のころ先生からいただきました。
当時は意味がわかるような、わからないような……正確なところを尋ねてみても、「これから先、本当に辛いことがあったときに思い出してくれればいい」と言われただけでした。

今なら意味がわかります。おそらくこういうことでしょう。

人生には、自分の力ではどうにも打開できない難局がしばしば訪れます。
そんなときには、ただじっとそれをやり過ごすしかありません。
それは傍目にはきっと停滞でしかなくて、そのことに焦りを感じる人も多いはず。
でも、人間は難局にあっては、それに耐えているだけで価値がある。

耐えしのぐことがすなわち次への第一歩、と言えばいいでしょうか。
決して時間の無駄や怠慢ではない、焦る必要はないということです。
そしてどんな嵐も、いつかは必ず晴れる。

いま、つらい思いに苛まれているすべての人たちに、この言葉を捧げます。
[PR]

by keibi-in | 2008-09-22 02:09 | 雑感  

<< 逆ノリツッコミって? カモン! 絶品W >>