良い割りばし・悪い割りばし

一人暮らしだと割りばしは何度か利用してから捨てる、という方は多いんじゃないでしょうか。
最近は竹なんかの結構しっかりしたものをつけてくれる店も結構あって、1回使っただけで捨てちゃうのはもったいないんですよね。

昔、良い割りばしと悪い割りばしの見分け方、というのを聞いたのを、ふと思い出しました。

と言っても、割れ方がいい箸の見分け方じゃありません。
いわく、水につけてよく乾かさなかったとき、カビが生えやすいのが良い箸、いつまでもカビないのが悪い箸なんだそうで……。

言われてみれば、台所で洗ったあと、はねた水をかぶっただけでカビる箸もあれば、相当再利用してるのになんともない箸もあります。
凝った竹箸なんかはカビやすいほうですから、防腐剤まみれかどうかの判断基準としてはあてになりそうです。

その差が一生でどれだけ健康に影響するかはわかりません。
ただ昨今の毒入り食品騒ぎを見るにつけ、意識して避けられるところは避けておいたほうが良さそうだということで……。
[PR]

by keibi-in | 2008-09-27 03:05 | 飲食  

<< え? もう終わり? 遅れてきた本命 >>