本質を見るということ

神奈川県の高校が、学力以外の項目で入試の不合格を決めていたことについて。
関連記事・msn産経ニュース

私にはこれのどこが問題なのかわかりません。
むしろこの高校の一般的な生徒やその親にすれば、信頼できる話なのでは?
明らかに素行が良くないのに、学力テストの点数だけ見て合格させるほうが、よっぽど問題だと思います。

選考基準としてあらかじめ挙げられてなかったからいけないんですか?
でもこれに関しては公表してたら意味がないでしょう。
そもそも、面接と同じことではないですか。

いまどきは「願書を出しに行ったりする際は、身なりや言動に注意するように」なんて言わないんでしょうか。
私が学生の頃は、口を酸っぱくして注意されたものですが……。
今でも言われてることなら、それを無視した受験生ってことですよね。
少なくとも礼儀がなってない、人の忠告を聞かない子だというのは読み取れます。
塾ではないのだから、その辺がきちんとしている子を採りたいのは学校として当然ですし、それが子供を預ける親や生徒に対する責任だとも思います。

この件は教育委員会が問題にしているようですが、当該高校の生徒や保護者、あるいは社会一般のこの件に対する反応はどうなんでしょうね。
人の本質を見極めることは容易ではありませんが、教育の場として少しでもそれに近いことをしようという姿勢は、私にはむしろ評価に値することだと思えます。
[PR]

by keibi-in | 2008-10-29 07:16 | 雑感  

<< 見た目で人を判断する 好きすぎて >>