嫌な嫌な嫌な夢

嫌な夢を見てしまいました。

いきなり大地震のあとから始まり、建物が軒並み崩壊している。
地震のせいでI市の火山が噴火して、津波もやってくる。
私は避難したとおぼしきトンネルの中で、前後から同時に火責め水責めに遭う。
命からがら逃れるも、故障したアンドロイドを抱えながら、瓦礫の街をさまよい歩く。
救難のクレーンが空から降りてくるが、乗りそびれる。


というものです。
I市だけなぜか実名が出てきたのですが、私はI市在住でもなければ、近隣に行ったことすらありません。

トンネルにワープしてたり、アンドロイドやクレーンが唐突に出てくるあたりはいかにも夢です。
でもそれ以外はやけにリアルで、はっきりと印象に残っていて、気味が悪い。
どう考えてもハッピーな暗示じゃなさそうですが、気になって仕方ないので意味合いを調べてみました。

「環境の変化を暗示。あまりにはっきりした夢の場合、現実になることがある」

いくつかでそんなニュアンスの結果が出ました。なんじゃそりゃー!
俺個人の話でも、I市の話だとしても、ロクなことねーじゃん!

こいつは絶対外れる! 正夢なんて見たためしがないんだから!

そう祈らずにおれない肌寒い朝……。
[PR]

by keibi-in | 2008-11-06 09:00 | 近況  

<< 歯のトラブルと思いきや 自転車の中の馬 >>