PSPは外国製ゲームの夢を見るか

先日のブログで、仕事では不思議とレアケースが続くことがある、と書きました。
外国人のお客様から立て続けに道を聞かれたことについて触れたのですが、ついにプライベートにまでその波が!

それは某家電量販店のゲーム売り場で買い物をしていたときでした。
欧米人の男性から声を掛けられました。

「Can you speak English?」

彼はPSPのソフトを手にしていました。
これは海外のPSPでも使えるのか?と聞いています。

答えは簡単、使えます。
私自身、過去に輸入ソフトで遊んだことがあるので、間違いありません。

でも彼はパッケージのリージョン表記が気になるようです。
これが書いてあるってことは、日本のPSPでしか動かないのでは?と。
念のため、店員に尋ねてみました。



基本的に国内専用です。海外の本体で使用して故障しても、保証できません」

うわー、絶妙な言い回しだなー。
立場はわかるけど、こっちの状況も見てわかるだろうに……。
ここはぶっちゃけた話をして欲しかった。

まあでも、動くのは間違いありません。
一応念のため、「動作するけど、保証はされない」と言うことにしました。
んが……。

こういうときの「動作」ってなんて言うんだっけ?
Run? それはBASICか。
ああ、そうそう、たぶんworkだ。

「It maybe works on foreign PSP, but...」

……あれ? 保証ってなんだっけ?
うわー、知ってるはずなのにどうしても出てこない!
一緒にいた友達に聞こうにも、はるか向こうでドン引き中。
どうも外国人は苦手らしい。

ああ、駄目だ! どうしても思い出せない!
質問も、それに対する答えもわかってるのに、なんてもどかしいんだ!

すると件の外国人男性、諦めたのかそれとも焦れたのか、
「Ok, thank you」
と、行ってしまいました……。

何が悔しいって、こういうときって、後になって思い出すんですよね。
保証ったらguaranteeじゃん!
なんであと5分早く浮かんでこないんだよっ!
鬱すぎる……。007.gif
[PR]

by keibi-in | 2008-11-21 14:24 | 近況  

<< カレー鍋に惹かれるわけ スープパスタはいかが? >>