女性の警備員さん

ときおり通る工事現場に、女性の警備員さんがいます。
年の頃は40代後半から50代前半といったところかな。

この警備員さんが、とても男らしい。
見た目だけじゃ性別が判別できないんです。
声を聞いても、最初は「高い声の人だな」としか思わなかったぐらいですから。

からかってるわけじゃありませんので、誤解なきよう……。
ハードそうな現場で、力仕事が多いのに、仕事ぶりもまったく男と変わらない。
というか、それ以上です。
だから余計に見分けがつかなかったんですね。

こういう言い方をしたら、男女差別だと思われるでしょうか。
そこは褒め言葉なので勘弁していただくとして……。

身体を酷使する仕事では、どうしても男女の肉体的な差が出てしまいます。
何が不利な環境の職業を彼女に選ばせたのかはわかりません。
男顔負けに仕事をこなさせている動機もわかりません。

でも彼女の仕事ぶりを見掛けるたびに、警備ってやっぱり気持ちでするものなんだな、と感じるのでした。
[PR]

by keibi-in | 2008-11-23 02:11 | 警備  

<< ノンアルコールのアレみたい カレー鍋に惹かれるわけ >>