こんなにも嫌われている私(前編)

今回はもう本当にウンザリでした。
誰にでも間の悪いときはあると思いますが、ここまでくるといっそ笑えるというか。
少々言葉の荒いところもありますが、そのときの気分を察してやってください。

今回はバス2本を乗り継ぐ現場での仕事。
いつも通り、30分ほど時間に余裕をみて出掛ける。
ところが1本目のバスが来ない。
15分も遅れて、堂々のご到着。
取り立ててアナウンスはなし!
思わず運転手に何があったかを聞く。

渋滞のせいって?
この田舎道でどうなれば15分も遅れる渋滞が起きると?
問い詰めたいのを我慢する。怒っても遅れはどうにもならない。
とにかく、2本目への乗り継ぎに失敗

やむなく電車を2本乗り継いで移動することに。
普段ならすいてる時間帯なのに、なぜか車内は人でいっぱい
さらに乗り換えの駅舎内でも、よくわからない集団が通路を塞いでノロノロ。



次の電車に間に合わなくなりかけて、走る。
立ちっぱの上に体力使う現場なのに……と鬱。
乗り換えた電車もギャグみたいに人だらけ。なんでだ。
先日から風邪気味なので、現場に着くまでは体力を温存しておきたかった。
窓にぽつぽつと雨粒がぶつかっている。いやな予感。

現場最寄りの駅に到着。
上番時間まで残り15分を切っている。
本来はもう現場に入ってないといけない時間。
現場まで走るしかない。
と、雨がいきなり本降りに

このところの風邪のせいか、あっという間に脚が回らなくなる。
上番5分前、びしょ濡れのヘロヘロで現場に到着。
と同時に雨終了
やり方が陰険だぞ!と思わずお空の誰かさんを睨みつける。

この日は下番まで本当にひどかった……つづく!
[PR]

by keibi-in | 2008-11-30 06:13 | 近況  

<< こんなにも嫌われている私(後編) どうやるの? >>