こんなにも嫌われている私(後編)

前回のあらすじ
「今日の俺、ツイてねぇ!」
以上。

さて、この日の現場は商業施設併設の駐輪場。
放置自転車の監視は苦手な業務です。逆ギレする人ばっかだし。
よりによって、体調の悪いときには一番入りたくないところ。
着替えを済ませて駐輪場に出ると、思わずめまいが。

なにこれ!?

既に置き場もなにも関係なく、非常口前に通路、点字ブロックの上まで、縦横すらないぐっちゃぐちゃの無秩序かつびっしりと自転車が置かれています。
いつもひどいもんですが、取り立ててひどい。

風邪の熱があがるのを感じながら、ちょっとずつ整理していきます。
まず通路をなんとかしないと、中のほうに停めてある人が出せない。
でも一気にやろうにも、動かせる場所がない。
少しずつ、スペースができるのを待って通路をあけていきます。

お客様からのクレームも多数。
「停める場所がない」
申し訳ありません。放置がひどすぎてどうしようもありません。
いま場所をあけておりますので、少しお待ちください。
「私の自転車がない!」
すみません。通路上に置かれていたのでこちらに動かしました。
「なんでこんなに動かすの。意地が悪い」
なんで通路上や非常口前に停めるの。マナーが悪い。

ってか3メートルも動かしてねぇよ! あんたみたいなのがいるからな!
俺だって自転車なんか動かしたくねんだよ! 1日何百台やると思ってんだ!?



通路がようやく通路らしくなってきたところへ、施設の責任者のご登場。
「非常口が塞がってるんだけど、なんとかしてよ。最近消防がうるさいから」
なんとかできるか、見りゃわかるでしょ! 動かす場所なんてないんですよ!
暇そうにぶらついてるなら手伝ってよ! あんたの施設でしょ!

作業中、自転車を放置していた婦人が施設外から御帰還。
放置はご遠慮いただきたい旨、申し上げる。
「私、いつもここで買い物してるのに!」
ありがとうございます。でもそれでみなさんが自転車を放置していったら、その日お買い物にいらしたお客様が駐輪できません。

そんなやりとりをすぐそばで見ていた若い女性が、そのまま自転車を置いて施設の外へ行こうとする。
ちょっと待てよ! どういう神経してんだよ!
この駐輪場は一日中ずっとこんな感じ。

夜になると、空気が冷えこんできます。
反して、自分の熱は上がる一方
仕方なく解熱剤を飲んでふんばる。

そして閉店時間。
でも駐輪場は4割がた埋まったまま。このほとんど全部が放置ということ。
施設外周のチェーンを順次張っていると、いきなりまた雨。しかも本降り。
またもずぶ濡れ。とことんツイてねぇ。
そんなにも俺のことが嫌いですか、お空の上の皆々様。

チェーンをかけ終えたところで、外からオバサンがチェーンをまたいで入ってくる。
すみません、もう閉店でございます。
すると悪びれもせず、
「自転車取りに来たのよ」
あいにく放置はご遠慮いただいてるのですが、とこちらが言うよりも早く、
「なんでチェーン閉めてんの。こんなに(自転車が)残ってるのに」

ここはてめぇらの無料駐輪場じゃねぇ!
[PR]

by keibi-in | 2008-12-01 14:50 | 近況  

<< ピンと ♪ こない ♪ ランキ... こんなにも嫌われている私(前編) >>