やんごとなきお客様

駐車場警備中のひとコマ。

5歳ぐらいの男の子がひとりで場内を走り回っています。
このままだと危ないかな、保護してあげないといけないかな、と思っていたとき。

「ぼっちゃま! 危のうございます、おぼっちゃま!」

見れば20代中盤から後半ぐらいの男性が追いかけてきます。
服装はふたりとも、至ってカジュアル。
特に富裕層という風情ではありません。

男の子に追いついた男性、
「あまり心配させないでくださいませ」
映画なんかで召使いが主人に話すときの、あの感じそのものです。
その身なりと言葉遣いのギャップと言ったら……。

最初はどこの宮様かと思いました。006.gif
いや、高貴な方々が出入りするような場所じゃなかったですが。
一体どういうお客様だったんだろう……謎だ。
[PR]

by keibi-in | 2008-12-09 01:56 | 警備  

<< 外が真っ白! 眠るんじゃない! 眠ったら死ぬぞー! >>