グッバイ・マイヒーロー

以前ここで少しだけ触れた、『仮面ライダーキバ』。
その実質的な主人公(仮面ライダーの父)、紅音也が旅立っていきました。

なんでいまさらって? ビデオで見てるので許してください。008.gif

実にいいキャラクターでした。
自信家で、女たらしで、行き当たりばったりのちゃらんぽらん。
でもこれと決めたことはやり遂げる。惚れた女は守り通す。
戦うのは最後まで、惚れた女と息子のため。
子供番組にはふさわしくなかったかもしれませんが、私がキバを見ていたのは、音也が気に入ったからに他なりません。

実は名護もかなりお気に入りなんですが、今回それは置いといて……。

あれだけ長い別れのシーンが用意されたのは、音也が視聴者とスタッフの両方から愛された証拠でしょう。
ゆり、次狼、真夜、それぞれとのやりとりに鳥肌が立ってしまいました。

さよなら、音也。
評価は今ひとつだったようですが、長く語られる番組になったと思います。
「もうすぐ、雨はやむ」
[PR]

by keibi-in | 2009-01-08 00:58 | 雑感  

<< 防寒インナー考 割に合わないタクシー強盗 >>