防寒インナー考

今日は関東で初雪だそうです。
全国的に見てもかなり冷え込んでるようですね。
そこで今回は、私がこれまでに試してみた防寒インナーについて書いてみます。

評価は警備に使った場合を想定しています。
感覚の個人差があると思いますが、参考になれば幸いです。
ちなみに、私はどちらかと言えば寒さに弱いほうです。

・綿
みなさんご存知、いわゆるおっさんシャツとパッチです。
防寒性はそこそこ。汗を吸ってくれますが、乾きが遅いので汗冷えしやすい。
厳寒期には力不足。かと言って重ねると動きにくくなってしまうのが難。
どこでも買えて、取扱いに特段気を遣わなくていい点、肌がデリケートでも問題なく着られる点が長所でしょう。

・ヒートテック
ユニクロが販売する発熱素材です。肌触りが素晴らしい。
身体から発散される水蒸気を吸着して発熱する仕組みだそうです。
薄さの割には暖かい。ただし、薄手すぎて効果もそれなり。
コストパフォーマンスはピカイチ。
長時間の防寒には向かないので、警備には厳しい。



・ブレスサーモ
ミズノの発熱繊維。(公式解説サイトはこちら。音が出ますので注意)
ヒートテック同様、吸着熱を利用して保温するものです。
アンダーウェアは生地厚に3段階あります(ライト/ミドル/ヘビーウェイト)。
ヘビーウェイトを試しましたが、生地がやや硬めでゴワつきを感じます。
汗冷えはしないものの、汗による発熱は長時間の立哨などには不向き。
逆に動きのある現場では暑いぐらいだったりと、やや極端な印象。
厚手でも洗濯後の乾燥は早いです。

・光電子
「こうでんし」と読むそうです。(GOLDWINによる解説サイト
遠赤外線効果で身体の芯から暖まるというのが売り。
じっとしていてもいいところが警備向き。
釣り用の厚手下着を使いましたが、気温10度ぐらいまでは防寒着なしでいけます。
汗冷えせず、乾燥も非常に早い。生地も厚さの割に柔らかい。
ブレスサーモともども高価ですが、その価値はあります。

保温性は 光電子 ≧ ブレスサーモ > ヒートテック ≧ 厚手の綿
着心地は ヒートテック > 綿 ≧ 光電子 > ブレスサーモ
といったところでしょうか。

汗冷えは綿以外は心配ないでしょう。
ただヒートテックは薄いので、重ねるものによっては濡れて感じるかもしれません。

個人的には光電子がイチオシです。
[PR]

by keibi-in | 2009-01-09 12:23 | 雑感  

<< 防寒ミドルレイヤー考 グッバイ・マイヒーロー >>