おいしくなってた雪苺娘

雪苺娘(ゆきいちご)』というお菓子をご存じでしょうか。
薄いスポンジを台にして、イチゴを丸ごとひとつたっぷりのホイップクリームを載せ、ぎゅうひで包んだものです。

だいぶ昔、販売店がほとんどなくてまだ珍しかった頃、たまたま見かけて買ったことがありました。
そのときの感想は、ぶっちゃけ「ふーん」。
珍しいし普通においしいけど、それ以上がなくて、それっきり買うこともありませんでした。

それが最近ではコンビニで当たり前に見かけるようになりました。
しかも白かったぎゅうひがピンクになってます。
なになに? 『苺ミルク』味!? 練乳入りだって!?

これはと思い購入。
ラベルを見ると、メーカーは山崎製パンとなってます。
確か昔買ったときには、雪苺娘というのは売ってた店の商標だったと思うけど……。
いつの間にやら一般名詞化してたんですねぇ。
ちなみに洋菓子か和菓子かよくわからないこの商品、ラベルでは洋菓子になってました。

そして実食!
ぎゅうひがめちゃくちゃ軟らかくてもっちりしてます。手にへばりついてきて、今にも崩れそう。
でも口に入れてしまえば、それがいいんですよねぇ。もちもちふにゅふにゅ。
ホイップクリームと練乳の合わせ技がまたいい!
練乳を入れたらこんなに変わるんだ……。

や、おいしかったです。前回の印象はすっかり覆りました。
また買ってこようっと!
[PR]

by keibi-in | 2009-02-05 12:54 | 飲食  

<< 逆チョコに物申す 恵方巻、食べました? >>