しょんぼりクォーターパウンダー

「ハンバーガーをナメているすべての人たちへ」
マクドナルドのクォーターパウンダーのキャッチコピーです。
遅ればせながら、私も食べてみました。

……ま、一言でいえば、『でかいチーズバーガー』ですな。

確かに肉は大きい。
バンズから思いっきりはみ出してるのはインパクトあります。
でも味はチーズバーガー。

他の違いと言えば、オニオンのみじん切りが荒くなってるぐらい。
ひょっとして個体差だったのかも?
当然、味はやっぱりチーズバーガー。

期待が大きすぎたのかなぁ。
もっと肉の味が立つかと思ったんですが、考えてみれば
マクドナルドのハンバーガーはジャンクフード然としているところが魅力なんであって、
肉の風味を堪能したいなら他の店を選んだほうが早いと思うんですよね。

ハンバーガーをナメてるのは、実はマクドナルド自身なのでは?
近年の流れに乗って、今度は肉をでかくすりゃ売れるだろうみたいな。
やらせで行列を作ったのは、こういう感想を見越してたからなのかなと思えてきたり。

ボリュームはあるので、腹を膨らませるにはいいと思います。
でも味を理由に選ぶことはないだろうなぁ。
[PR]

by keibi-in | 2009-02-09 03:28 | 飲食  

<< 痴漢にやさしい司法 すごい早飯 >>